« 2021年06号 (2.8-14 通算1074号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | 2021年08号 (2.22-28 通算1076号) 国際ニュース・カウントダウン »

2021年2月22日 (月)

2021年07号 (2.15-21 通算1075号)国際ニュース・カウントダウン

◎国際ニュース・週間カウントダウン: 2021年2月15-21日
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◆米政権が国際協調回帰への動き強める(19日)☆
・バイデン米大統領は19日ミュンヘン安保会議にオンラインで参加。
・安保面での米欧関係強化を強調。共に中ロに対抗する姿勢を示した。
・G7のオンライン首脳会議にも同日参加。多国間主義への復帰を強調した。
・米国は同日、地球温暖化のパリ協定に正式復帰した。
・NATOは17-18日国防相会議をオンラインで開催。新機構改革の議論を始めた。
・オースティン米国防長官は、米欧結束を強調した。
・米国の利益を優先させたトランプ前政権の方針を転換。同盟国との協調重視に転換した。
・外交は対中ロの具体策、中東など姿勢がなお不透明な部分も多い。
・それでも国際協調や多国間主義重視への転換は、国際情勢の基本構図を変える。

◆ミャンマー抗議デモ2週間、収拾のメド見えず ☆
・軍のクーデターに対する抗議デモが続き、2週間を超えた。
・19日には抗議活動中に狙撃された女性が死亡。初の犠牲者に。20日にも2人が死亡した。
・公務員や僧侶も会議活動に参加している。
・軍や警察は抗議活動取締りのほか、ネットの遮断などで事態鎮静に努める。
・事態収拾のメドはつかない状態だ。

◆スペイン・カタルーニャ議会選挙、独立派が過半数維持(14日投票)☆
・州議会選が行われ、独立派が過半数を維持した。135議席中、改選前の70→74以上に増加。
・独立派が州政府の樹立を目指す。
・同州は2017年に独立派が住民投票→独立宣言をし、危機を迎えた。
・その後、中央政府と州政府は対話強化などで合意したが、独立問題はくすぶる。
・同国は現在コロナ問題に直面。独立問題の急速に発展にはつながらないとの見方が多い。
・ただ、潜在的な問題の構図は変わらない。問題再燃の可能性は残る。

◆WTO事務局長にナイジェリアのオコンジョイウエアラ氏(15日)☆
・WTOは新事務局法にナイジェリアのオコンジョイウエアラ氏を選んだ。
・同氏は会見で、電子商取引など新時代に合ったルール作りに意欲を示した。
・WTOは2001年からのドーハラウンドで貿易自由化や新分野のルール作りを目指したが難航。
・世界では地域貿易協定が貿易・経済協力の推進力になり、WTOの存在感は低下している。
・すでに固まったルールに基づく紛争処理などの役割は大きいが、機能弱体化の危機に面す。
・コロナによる貿易環境の変化もあり、WTOの新たな役割が問われている。

◆ドバイの王女が拘束
・英BBCはドバイ首長ムハンマド氏の娘のラティファ女王が拘束情態にあると報じた。
・王女の友人らが提供した映像に基づく報道。
・王女は2018年に国外脱出を試みたが失敗。軟禁状態にあった。最近は連絡が取れない。
・ドバイでは首長の妻の1人もロンドンに逃亡している。
・ドバイはUAEの1国。中継貿易や金融で発展。中東の経済ハブに成長した。
・ドバイモデルを発展させた首長への評価は高い。同氏はUAEの副大統領も務める。
・一方で、政治的な自由は認められてなく、強権的な姿勢が指摘される。
・事件には不明な点も多いが、表面化した部分だけでも、UAEの複雑な事情を映す。

 ┌──────────────────────────── 
 │INCDの採点
 │ ☆☆☆ 世紀の大ニュース
 │ ☆☆  世界史の年表に載るようなニュース
 │ ☆   国際情勢を理解するのに知っていた方がいいニュース  
 │ 無印  興味のある方は。知らなくても困ることはないでしょう
 ├───────────────────────────
 │プラスアルファ                       
 │ (世)日本ではあまり報道していないけれど、世界では注目
 │  (^^)くだらないけど面白い。面白いけどくだらない
 └─────────────────────────────

 

◎寸評:of the Week
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 【コロナ】 目下の世界で最も重要な案件であるコロナは、このところ構図に大きな変化がないまま推移している。感染拡大は一時よりスローダウンしたが、依然高い水準。ワクチンの接種が昨年末から欧米中心に始まり、徐々に拡大している。特に進んでいるのはイスラエルやUAE、次いで米国や英国という状況だ。世界全体に接種が行き渡るまでには、まだ長い時間がかかりそうだ。ウイルスの変異種が拡大しており、これに対するワクチンの有効性も含めた行方も焦点だ。

 

 【バイデン政権の外交政策始動】 米バイデン政権の発足から約10日。外交政策も静々と動き出した。米国第1を掲げたトランプ前政権から転換し、欧州など同盟国との協調や、多国間主義重視を前面に打ち出した。パリ協定にも正式復帰した。この辺はいわば読み筋で、安心感を与える。一方、驚きやインパクトはない(ニュースの扱いも派手ではない)。
 具体策が問われるのは、対中国やロシア、中東政策などだ。中国に対しては強硬姿勢を示す一方、米国の利益になる分野では協調を強めると説明している。具体策は今一つはっきりしない。
 中東ではイランとの関係をどうするか。イランはIAEAによる抜き打ち査察を23日から取りやめると表明した。米国はこれに反発する一方、対話の姿勢も維持する。
 外交政策はそろりと動き出した感じだが、わずかな間にトランプ流のサプライズ外交は遠い昔の話になった気もしてくる。

◎ バイデン流、ノーサプライズで動く日々

◎ 常識とバランスが支配の新常態

 

 【メディア、国家、SNS】 中国と英国がメディアの放送を巡り対立を深める。英国は4日、中国国債テレビ(CGTN)の放送免許を取り消した。中国は11日、英BBCワールドニュースを禁止した。中国はBBCのウイグル問題に対する報道などを批判した。
 米ファイスブックは18日、豪州でニュース掲載停止した。同国政府はIT大手にネットで使用する記事の対価支払いを求める法案を提出したばかり。この動きに反発したFBが記事差し止めという強硬手段に出た。これに対しては豪州のみならず、カナダや英国などからも批判が出た。
 一方グーグルと豪メディアのニューズなどは、グーグルから同社に対価を支払った上で記事を掲載すること合意した。グーグルは豪州で新法が成立すればサービス提供停止を示唆したが、最終的に折り合った。
 メディアと国家、大手IT企業。立場や利害は異なり、関係は複雑だ。無関係でありそうで、その実、根の深いところで結びついていることも少なくない。

 

◎今週の注目(2021年2月22-28日 &当面の注目)
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・ミャンマー情勢は緊迫の状況が続く。
・G20の財務相・中銀総裁会議が26日。世界経済の状況や課題についてどんなメッセージを発するか。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 incd-club は国際問題に関係する内外のジャーナリストやビジネスマンらのグループです。「国際ニュース・カウントダウン」は、世界のニュースから週刊単位でベスト5を選び、解説したもの。日本のメディアの報道とは異なる視点から、面白くかつ分かりやすく地球を鳥瞰しています。
 ブログは毎週発行のメールマガジンを元に作成しています。

 ------------------------------------------------
 メールマガジンの登録変更・解除は次のアドレスから。(『まぐまぐ』を利用)。
 http://www.mag2.com/m/0000056121.htm
 ------------------------------------------------

 Copyright(c) 2000-2021 INCD-club

 

« 2021年06号 (2.8-14 通算1074号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | 2021年08号 (2.22-28 通算1076号) 国際ニュース・カウントダウン »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年06号 (2.8-14 通算1074号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | 2021年08号 (2.22-28 通算1076号) 国際ニュース・カウントダウン »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ウェブページ