« 2020年51号 (12.14-21 通算1067号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | ◆2020年の世界10大ニュース 2020.12.31 »

2020年12月31日 (木)

2020年52号 (12.22-31 通算1068号) 国際ニュース・カウントダウン

◎国際ニュース・週間カウントダウン: 2020年12月22-31日
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◆コロナ感染拡大のまま越年、感染確認8000万、死者170万人(31日)☆
・世界は新型コロナの感染拡大が続く中で、越年する。
・感染確認者は27日8000万人を超えた。死者は約180万人。
・英国では変異種の感染が拡大。欧州や世界各国は英国との往来を制限した。
・EU諸国では26日からワクチンの接種が始まった。接種開始は世界40カ国以上となった。
・中国は31日国産のワクチンを初承認した。シノファーム傘下の企業が提供するもの。
・コロナは本格的な感染拡大から約1年を経過。世界の風景を大きく変えて、なお拡大する。

◆英、移行期間を終えEU完全離脱、通商協定は土壇場合意(31日)☆
・英国がEU離脱の移行期間を31日に終了。完全にEUから離れる。
・英・EUは土壇場の24日にFTA協定に合意。合意なし離脱による混乱は回避した。
・英国はEUのルールやEU司法裁判所の決定に縛られなくなり、主権回復する。
・EUとの関税ゼロは維持し、優遇関税の数量割り当てなどもない。
・一方、通関手続きは復活し、英国からEU各国に金融サービス提供もできなくなる。
・英国は2016年の国民投票でEU離脱を決定。2020年1月に離脱を実現した。
・その後2020年末までは移行期間とし、完全離脱後の通商関係について協議を続けていた。

◆EUと中国が投資協定大筋合意(30日)☆
・EUと中国は首脳会議を開催し、投資協定締結で大筋合意した。
・EU企業の中国参入制限を緩和。自動車企業などに求められる合弁設立要件は軽減される。
・技術の強制移転を禁止。中国政府による国有企業への補助金の透明性を高める。
・中国での労働者保護については、中国がILOの関係条約批准を目指す。
・協定締結により、EUは対中経済関係強化を目指す。
・中国は米国への対抗上、EUとの関係を強化する狙いがある。
・ただ欧州議会は新疆ウイグルの人権問題で中国批判を強める。条約批准に曲折もあり得る。

◆中国当局が大手ITへの規制強化 ☆
・中国規制当局は24日、アリババに対し独禁法違反の疑いで調査を始めたと発表した。
・27日にはアリババ傘下のアント・グループに対し事業見直しを要請した。
・資産運用から融資、保険に広がった事業を見直し、決済サービスに戻るよう求めた。
・30日にはアリババや京東集団に対し罰金を命じた。不当な価格操作の疑い。
・中国当局は今年後半に入り、大手IT企業への規制を強化している。
・11月にはアントが上場を、予定日の直前になって延期に追い込まれた。
・米国やEUはGAFAなど大手IT企業への規制強化に動く。中国も同様の動きを示す。

◆トランプ米大統領が相次ぎ恩赦
・トランプ氏は22日、15人に恩赦を与え5人を減刑したと発表した。
・16年の大統領選で外交顧問を務めたパパドプロス氏ら。ロシア疑惑で有罪判決を受けた。
・23日にはマナフォート元選対本部長ら26人に恩赦を与え、3人を減刑した。
・大統領選で敗北後に、多数の関係者に恩赦を与えるのは異例。
・退任後も政治的な影響力を維持する狙いなどと報道される。
・トランプ氏は政策面でも、中東からの撤退加速など次期政権を縛りかねない決定を重ねる。

 ┌──────────────────────────── 
 │INCDの採点
 │ ☆☆☆ 世紀の大ニュース
 │ ☆☆  世界史の年表に載るようなニュース
 │ ☆   国際情勢を理解するのに知っていた方がいいニュース  
 │ 無印  興味のある方は。知らなくても困ることはないでしょう
 ├───────────────────────────
 │プラスアルファ                       
 │ (世)日本ではあまり報道していないけれど、世界では注目
 │  (^^)くだらないけど面白い。面白いけどくだらない
 └─────────────────────────────

 

◎寸評:of the Week
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 【2020年の10大ニュース――コロナに揺れた年】 新型コロナ感染に揺れた2020年が終了する。10大ニュースの形で今年を振り返る。(→国際ニュースを切る)

 

 【英国のEU完全離脱】 英国のEU離脱に伴う移行期間が12月31日で終了し、2021年から完全離脱する。通商関係を巡る交渉は土壇場で決着した。今後の英国、EUはどう動くか。(→国際ニュースを切る)

 

◎今週の注目(2021年1月1-8日 &当面の注目)
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・各国首脳らが新年メッセージを発する。
・コロナ感染の行方は、引き続き最注意事項。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 incd-club は国際問題に関係する内外のジャーナリストやビジネスマンらのグループです。「国際ニュース・カウントダウン」は、世界のニュースから週刊単位でベスト5を選び、解説したもの。日本のメディアの報道とは異なる視点から、面白くかつ分かりやすく地球を鳥瞰しています。
 ブログは毎週発行のメールマガジンを元に作成しています。
 ------------------------------------------------
 メールマガジンの登録変更・解除は次のアドレスから。(『まぐまぐ』を利用)。
 http://www.mag2.com/m/0000056121.htm
 ------------------------------------------------

 Copyright(c) 2000-2020 INCD-club

 

 

« 2020年51号 (12.14-21 通算1067号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | ◆2020年の世界10大ニュース 2020.12.31 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年51号 (12.14-21 通算1067号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | ◆2020年の世界10大ニュース 2020.12.31 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

ウェブページ