« 2020年37号 (9.7-13 通算1053号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | ◆米中対立:戦線拡大・複合化ーTikTok、ファーウエイ、台湾 2020.9.20 »

2020年9月20日 (日)

2020年38号 (9.14-20 通算1054号)国際ニュース・カウントダウン

◎国際ニュース・週間カウントダウン: 2020年9月14-20日
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◆米中摩擦、TikTok巡り過熱 ☆
・米中ハイテク摩擦が動画投稿アプリTikTokを巡り過熱した。
・TikTokとオラクルは14日までに提携案をまとめ米政府に示した。
・米商務省は18日、TikTokの米国内での新規配信を20日に禁止すると発表した。
・トランプ大統領は19日、TikTokとオラクルの提携を原則承認すると発表した。
・商務省は新規配信禁止を20日→27日に延期した。米政府の対応は二転三転している。
・トランプ氏はTikTokから個人情報が中国に漏れているとし、禁止か事業売却を要求。
・オラクルやMS、ウォルマートなどが買収交渉に乗り出していた。
・中国は対抗措置として8月末に輸出禁止措置を強化し、TikTokのAI技術売却を制限した。
・19日には中国企業に不当な制限を加えた外国企業に取引制限する措置を発表した。
・米国はテンセントのウィーチャットの利用も制限。
・ファーウェイに対する禁輸措置の強化も15日実施された。

◆コロナ感染確認3000万人、インドでは500万人(17日)☆
・新型コロナの拡大が続き、感染確認者は3000万人を超えた。死者は94万人。
・1日当たり30万人弱の感染者が確認され、5000人以上が死亡している。
・中南米や南アの感染拡大にやや歯止めがかかる一方、インドなどは高水準。
・欧米でも再増加している。夏期の経済活動再開が原因となった可能性がある。
・北半球はこれから冬を迎え、さらなる拡大が懸念される。

◆日本に菅政権発足(16日)☆
・日本の新首相に菅義偉が就任した。安倍政権から約8年ぶりの交代。
・コロナ対策のほか、行政改革や規制緩和を強調した。
・外交政策は当面安倍政権の路線を継承する姿勢を示した。
・アジア情勢は、米中対立や中国の拡大で急速に変化している。
・世界第3の経済大国である日本に一定の役割を求める要望はあるが、行方は未知数だ。

◆イスラエルとUAE、バーレーン国交調印(15日)☆
・イスラエルとUAE、バーレーンは国交正常化文書に調印した。
・米ホワイトハウスに集まった。トランプ米大統領は交渉を仲介した。
・これまでアラブ諸国でイスラエルと国交があったのはエジプト、ヨルダンだけ。
・トランプ氏は、UAEなどに続く国が出て来ると述べた。
・アラブ諸国はパレスチナ問題でイスラエルと対立、「アラブの大義」を重視してきた。
・これが空洞化。中東の対立軸がアラブvsイスラエル→イランvs反イランに傾斜している。

◆米最高裁、リベラル派のギンズバーグ判事が死亡(18日)☆
・米最高裁判事のギンズバーグ氏が死亡した。87歳。
・女性として2人目の最高裁判事に1993年就任、リベラル派として有名だった。
・判事としては珍しく一般メディアの取材にもしばしば登場。社会的な影響も大きかった。
・若き日々の歩みを描いた映画(On the Basis of Sex)(2018年) はヒットした。
・2009年にすい臓がんが見つかった後も職務を継続した。
・米最高裁は現在保守派5人、リベラル4人の構成。
・トランプ大統領は後任に保守派を推す構えだが、11月の大統領選までに決着するかは不明。
・トランプ氏は後任を女性にすると表明。女性の最高裁判事はすでに米社会の常識、を映す。

   ┌──────────────────────────── 
 │INCDの採点
 │ ☆☆☆ 世紀の大ニュース
 │ ☆☆  世界史の年表に載るようなニュース
 │ ☆   国際情勢を理解するのに知っていた方がいいニュース  
 │ 無印  興味のある方は。知らなくても困ることはないでしょう
 ├───────────────────────────
 │プラスアルファ                       
 │ (世)日本ではあまり報道していないけれど、世界では注目
 │  (^^)くだらないけど面白い。面白いけどくだらない
 └─────────────────────────────

 

◎寸評:of the Week
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 【米中対立:戦線拡大・複雑化】 米中関係が激しく揺れた。動画投稿アプリのTikTokの米国での活動を巡り、両国は水面上・水面下で攻防を展開。米国はファーウエイへの禁輸措置を強化した。台湾を巡る駆け引きも動いた。(→国際ニュースを切る)

 

 【重要ニュース】 トップ5以外にも重要なニュースが多かった。

 ロシアのプーチン大統領とベラルーシのルカシェンコ大統領がロシアのソチで14日会談。ロシアはベラルーシ支援の姿勢を示した。ベラルーシでは13日も反体制デモが続き、情勢は予断を許さない。ロシアの反体制指導者ナワリヌイ氏の暗殺未遂を巡り欧州とロシアは対立が続く。

 EUと中国のビデオによる首脳会議が14日開かれ、EU側は香港問題などで中国に懸念を表明した。欧州委員会のフォンデアライエン委員長が16日、EUの政策を巡る演説をし、温暖化対策など環境政策に力を入れていく戦略を再確認した。英国がEU離脱に伴う国内法制定で、合意無視の対応を取った問題は、なおくすぶる。

 米FRBは2023年までゼロ金利を維持する方針を表明した。アフガニスタンで政府とタリバンの対話が12日からカタールで始まった。難航は必至だ。タイで反プラユット政権や王室改革を求めるデモが拡大した。 

 

 
◎今週の注目(2020年9月21-27日 &当面の注目)
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・引き続き新型コロナの動きに関心。
・国連総会の各国首脳のビデオによる演説が22日始まる。
・EUは24-25日に首脳会議を開催。対中、トルコなどの対外問題や、デジタル戦略などを協議する。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 incd-club は国際問題に関係する内外のジャーナリストやビジネスマンらのグループです。「国際ニュース・カウントダウン」は、世界のニュースから週刊単位でベスト5を選び、解説したもの。日本のメディアの報道とは異なる視点から、面白くかつ分かりやすく地球を鳥瞰しています。
 ブログは毎週発行のメールマガジンを元に作成しています。
 ------------------------------------------------
 メールマガジンの登録変更・解除は次のアドレスから。(『まぐまぐ』を利用)。
 http://www.mag2.com/m/0000056121.htm
 ------------------------------------------------

 Copyright(c) 2000-2020 INCD-club

 

« 2020年37号 (9.7-13 通算1053号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | ◆米中対立:戦線拡大・複合化ーTikTok、ファーウエイ、台湾 2020.9.20 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年37号 (9.7-13 通算1053号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | ◆米中対立:戦線拡大・複合化ーTikTok、ファーウエイ、台湾 2020.9.20 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

ウェブページ