« ◆トランプ政権:逆風と逆襲? 20200621 | トップページ | ◆コロナ「感染確認者1000万人」の風景 2020.6.28 »

2020年6月30日 (火)

2020年26号 (6.22-28 通算1042号) 国際ニュース・カウントダウン

◎国際ニュース・週間カウントダウン: 2020年6月22-28日
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◆コロナ感染確認者1000万人、新興国で拡大、米再拡大(28日)☆
・世界の新型コロナウイルスの感染確認者が1000万人を超えた。
・米ジョンズ・ホプキンス大のまとめによる。死者は約50万人。
・感染確認者の数は、米国、ブラジル、ロシア、インドの順。
・ブラジルなど新興国で感染者が拡大している。
・米国も南部や西部の州で感染が再拡大。新規感染者は過去最多を更新した。
・テキサスやフロリダは26日、飲食店などの営業規制を再強化した。
・サウジアラビアは今年の大巡礼(ハッジ)に海外からの巡礼者受入れを中止する。
・コロナ発生から半年以上を経過。感染拡大は止まらない。

◆米国がIT技術者ビザ規制(22日)☆
・米国はIT技術者が利用するH1Bビザの新規発給を年末まで停止する。
・トランプ大統領が大統領令に署名した。米国民の雇用を確保するためとしている。
・大統領の決断は11月の大統領選をにらみ、米国人優先をアピールする狙い。
・一方で、ビザ規制は海外から優秀な人材の確保などが難しくなる。
・米国はH1Bビザにより世界中から優秀なIT技術者を集めてきた。
・アマゾンやグーグルなどIT大手が積極活用してきた。各社は今回の決定を批判する。
・H1Bビザの発給は2019年で18.8万だった。

◆欧米で相次ぎ像撤去の決定 ☆
・欧米の人種差別を連想させる像の撤去の決定が相次ぐ。
・NY市のデブラシオ市長は22日、セオドア・ルーズベルト元大統領の像撤去に同意した。
・米自然史博物館の入口に立つもので、博物館が所有者の市に撤去を求めた。
・像は馬に乗る大統領に黒人と先住民の男性が従うデザイン。
・英オックスフォード大のオリオル・カレッジはセシル・ローズの像撤去を決めた。
・19世紀に英植民地支配拡大などに活躍した政治家。
・先月末下旬以降、反人種差別の抗議活動が米国から欧州など世界に広がった。
・こうした中で、人種差別政策にかかわった人物の像撤去を求める声が強まった。

◆アイルランドに新政権、南北統一のシン・フェイン党は不参加(27日)
・中道右派・共和党のマーティン党首を新首相とする連立政権が発足した。
・同党と中道右派の統一アイルランド党、緑の政党の連立。
・注目された議会第2党のシン・フェイン党の政権入りは実現しなかった。
・シン・フェインは南北アイルランド統一の国民投票実施を訴えていた。
・2月の総選挙では過半数を取る政党がなく、政権空白が続いていた。

◆独ワイヤーカードが破産申告(25日)
・独フィンテック大手のワイヤーカードが破産手続き申請を発表した。
・同社は1999年設立。電子決済のシステムやアプリ開発で成長。
・アップルペイなどの開発にも関わり、欧州を代表するFintech企業と呼ばれた。
・2019年に英FT紙が不正会計疑惑を報道。6月に入りCEOの辞任、逮捕と進んだ。
・先端分野の注目企業の事件だけに、世界の関心も大きい。

   ┌──────────────────────────── 
 │INCDの採点
 │ ☆☆☆ 世紀の大ニュース
 │ ☆☆  世界史の年表に載るようなニュース
 │ ☆   国際情勢を理解するのに知っていた方がいいニュース  
 │ 無印  興味のある方は。知らなくても困ることはないでしょう
 ├───────────────────────────
 │プラスアルファ                       
 │ (世)日本ではあまり報道していないけれど、世界では注目
 │  (^^)くだらないけど面白い。面白いけどくだらない
 └─────────────────────────────

 

◎寸評:of the Week
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 【コロナ感染者1000万人】 新型コロナウイルスの感染確認者が1000万人を超えた。「確認者」の信頼性や意味には議論があるが、節目の数字としては重要だ。(→国際ニュースを切る)

 

◎今週の注目(2020年6月29日-7月5日 &当面の注目)
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・引き続き新型コロナの動きに関心。
・ロシア憲法改正の全国投票が7月1日に行われる。プーチン大統領の任期延長に道を開く内容。政権の信任投票の色彩も帯びる。
・ポーランドの大統領選6月28日に行われた。
・フランス地方選も28日に実施された。
・中国全人代が国家安全法の制定作業を進める。
・シンガポールの総選挙が7月10日に行われる。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 incd-club は国際問題に関係する内外のジャーナリストやビジネスマンらのグループです。「国際ニュース・カウントダウン」は、世界のニュースから週刊単位でベスト5を選び、解説したもの。日本のメディアの報道とは異なる視点から、面白くかつ分かりやすく地球を鳥瞰しています。
 ブログは毎週発行のメールマガジンを元に作成しています。
 ------------------------------------------------
 メールマガジンの登録変更・解除は次のアドレスから。(『まぐまぐ』を利用)。
 http://www.mag2.com/m/0000056121.htm
 ------------------------------------------------

 Copyright(c) 2000-2020 INCD-club

 

« ◆トランプ政権:逆風と逆襲? 20200621 | トップページ | ◆コロナ「感染確認者1000万人」の風景 2020.6.28 »

アメリカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ◆トランプ政権:逆風と逆襲? 20200621 | トップページ | ◆コロナ「感染確認者1000万人」の風景 2020.6.28 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ウェブページ