« 2020年16号 (4.13-19 通算1032号)国際ニュース・カウントダウン | トップページ | 2020年18号 (4.27-5.3 通算1034号) 国際ニュース・カウントダウン »

2020年4月27日 (月)

2020年17号 (4.20-26 通算1033号)国際ニュース・カウントダウン

◎国際ニュース・週間カウントダウン: 2020年4月20-26日
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◆NY原油先物がマイナス価格(20日)☆
・NY原油先物市場でWTI5月物の価格がマイナス37ドルとなった。史上初。
・原油需要が減少し保管スペースが枯渇。貯蔵コストがマイナス価格に反映された。
・5月物は21日が最終取引日だったため、損失覚悟の投げ売りがあった。
・21日の最終取引価格はプラス10ドルだった。2日前からほぼ半減した。
・21日の6月物の取引価格は6.5ドルまで下落した。
・マイナス価格は特定の条件の下に5月物だけで起きたが、国際市場では異例。
・新型コロナ流行による経済の悪化と混乱、原油市場の低迷と先行き不透明を映す。

◆新型コロナ感染拡大継続、経済活動の再開模索の動きも ☆
・新型コロナは世界的に感染拡大が続く。世界の死者は26日20万人を超えた。
・一方、欧米の一部では感染拡大鈍化の兆しもみられる。
・経済活動の再開や都市封鎖の緩和を模索する動きが出ている。
・米NY州は20日から抗体検査を開始した。経済活動再開の材料とする。
・テキサス州は24日から店舗の再開を認めた。
・イタリアのコンテ首相は21日、都市封鎖の段階的解除を表明した。
・米国の死者は22日万人を超えた。世界全体の確認感染者は26日約290万人。

◆イスラム圏がラマダン入り、コロナで集団礼拝は規制(24日)☆
・イスラム県の多くの国がラマダン入りした。
・通常なら集団礼拝を行うが、多くの国で外出禁止令が出されモスクが閉鎖された。
・イランのハメネイ師は、コロナ感染者は断食しなくてもいいとのファトワを出した。
・インドネシアはラマダン明けの帰省を禁止した。前倒しして24日から始める。

◆途上国支援に1兆ドルの債務帳消しを、国連UNCTADが報告(23日)
・国連貿易開発会議(UNCTAD)は、途上国の債務に関する報告書をまとめた。
・総計1兆ドルの債務の帳消しが必要とする。
・2020-21年の途上国の公的債務の返済は、3.4兆ドルになる見込み。
・途上国経済は新型コロナの影響で深刻な打撃を受けており、救済が必要とする。
・途上国の安定は世界的な新型コロナ感染の行方にも影響する。
・欧米など先進国や国際機関からも、救済拡大が必要との指摘が出ている。
・ただ、具体策の推進はまだ進んでいない。

◆金委員長に健康不安説(20日)
・北朝鮮の金正恩委員長の健康不安説が流れ、世界を揺らしている。
・米CNNは、金氏が手術を受けた後重体に陥ったとの情報を流した。米当局者の話とする。
・故金日成主席の誕生日(15日)には通常遺体安置の宮殿を訪問するが、今年は報道がない。
・トランプ米大統領は否定的なコメント。韓国政府は事実関係に否定的な見解。
・様々な情報が飛び交っている。

   ┌──────────────────────────── 
 │INCDの採点
 │ ☆☆☆ 世紀の大ニュース
 │ ☆☆  世界史の年表に載るようなニュース
 │ ☆   国際情勢を理解するのに知っていた方がいいニュース  
 │ 無印  興味のある方は。知らなくても困ることはないでしょう
 ├───────────────────────────
 │プラスアルファ                       
 │ (世)日本ではあまり報道していないけれど、世界では注目
 │  (^^)くだらないけど面白い。面白いけどくだらない
 └─────────────────────────────

◎寸評:of the Week
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 【コロナ拡大防止vs経済活動】 新型コロナ情勢の大枠は、前週から大きく変わらなかった。世界的な感染拡大は続くが、欧米の一部では拡大に歯止めがかかってきた。経済への影響は深刻で、原油の先物価格がマイナスになるような異常事態も発生。欧米各国は経済活動再開やロックダウンの緩和に向けた模索を始めた。
 世界を見渡せば、アフリカや中東などで感染が拡大している。いくら先進国で感染を押さえても、途上国が感染の温床となれば第2波、第3波の感染拡大は止まらない。
 イスラム諸国はラマダンに入った。

 【コロナの影響】 英Economist誌によれば、コロナ流行の拡大以降、政府の権限が以前より大きくなった国が84か国以上に上るという。「危機時の強権発動」が、危機終了後も維持されてしまうことは、歴史の事例がいくつも示している。今回はどうなるのか。
 経済的には、緊急経済対策で各国の財政赤字は急速に膨らんでいる。長期的に、経済をゆがめ、高率インフレなど「よろしくないこと」を引き起こすリスクは大きいように見える。
 現在は感染拡大と経済の底抜け防止が優先する言えばその通りだろう。しかしそれにも、長期的な影響などを考える視点が欠かせない。
 それができている国はどこで、できていない国は?

◎ 知らぬ間の強権国家に要注意
◎ 途上国を外してコロナを語っても

 

◎今週の注目(2020年4月27日-5月3日 &当面の注目)
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・引き続き、新型コロナ関係の動きに関心。
・米FRBのFOMCが28-29日、欧州中銀の理事会が30日に開催される。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 incd-club は国際問題に関係する内外のジャーナリストやビジネスマンらのグループです。「国際ニュース・カウントダウン」は、世界のニュースから週刊単位でベスト5を選び、解説したもの。日本のメディアの報道とは異なる視点から、面白くかつ分かりやすく地球を鳥瞰しています。
 ブログは毎週発行のメールマガジンを元に作成しています。
 ------------------------------------------------
 メールマガジンの登録変更・解除は次のアドレスから。(『まぐまぐ』を利用)。
 http://www.mag2.com/m/0000056121.htm
 ------------------------------------------------

 Copyright(c) 2000-2020 INCD-club

 

« 2020年16号 (4.13-19 通算1032号)国際ニュース・カウントダウン | トップページ | 2020年18号 (4.27-5.3 通算1034号) 国際ニュース・カウントダウン »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年16号 (4.13-19 通算1032号)国際ニュース・カウントダウン | トップページ | 2020年18号 (4.27-5.3 通算1034号) 国際ニュース・カウントダウン »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ウェブページ