« 2019年33号 (8.12-17 通算997号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | ◆G7首脳会議が映した世界の変化 2019.8.26 »

2019年8月27日 (火)

2019年34号 (8.18-26 通算998号)国際ニュース・カウントダウン

 

国際ニュース・週間カウントダウン: 2019年8月18-26日(欧米時間)
 

◆G7首脳会議、包括首脳宣言見送り(24-26日)☆
・G7はフランスのビアリッツで首脳会議を開催。政治・経済問題を協議した。
・貿易や地球温暖化など多くの点で、米欧の意見が食い違った。
・このため包括的な首脳宣言の採択は見送った。ごく短い宣言を発表した。
・文書は1ページで、通商、イラン、ウクライナ、リビア、香港情勢に触れた。
・米中貿易戦争に多くの首脳が懸念を示したが、具体的議論に至らなかった。
・トランプ米大統領が反対する保護貿易反対や環境問題への深入りは回避した。
・G7として共通理念を打ち出し、世界の針路を示すかつての姿とは程遠かった。
・議長国の仏マクロン大統領はアマゾン火災問題をプレイアップ。
・会議地にイラン外相を招き核問題に焦点を当てるなど、独自色を出した。

◆中国が米に報復関税発表、貿易戦争の行方不透明(23日)☆
・中国は米国の対中制裁「第4弾」への報復措置を発表した。
・農産物など約750億ドル分の米国製品に5-10%の追加関税をかける。
・実施は米国の第4弾が部分的に発動される9月1日から。
・米国は合計3000億ドル分の中国製品に制裁関税を計画。9月と12月に発動する。
・米中貿易戦争は緩和の兆しがないまま激化。世界経済先行きへの不安が膨らむ。
・ただトランプ米大統領は26日、中国との協議再開の意向は示した。
・米国は台湾にF16戦闘機66機を売却する手続きを推進。軍事面でも緊張が強まる。

◆伊コンテ首相が辞任(20日)☆
・コンテ首相は上院演説で辞任を表明。マッタレッラ大統領に辞表提出した。
・連立政権構成の五つ星運動と同盟の対立が深刻化。政権維持は困難と判断した。
・大統領は21日から新政権樹立に向けて各党と協議に入った。
・同国では2018年の選挙後、ポピュリストと極右の連立政権が発足。
・首相には非議員のコンテ氏が選ばれた。
・しかし5つ星と同盟は財政政策などで対立。同盟は9日に内閣不信任案を提出した。
・これに対し5つ星は野党と組んで不信任案の採決を拒否した。
・5つ星と中道左派民主党が新政権を組むとの情報も流れる。
・イタリア政治は先行き不透明感が増大。国債の価格など経済にも影響が及ぶ。

◆日韓関係悪化が加速、韓国が軍事情報保護協定破棄(23日)☆
・韓国は軍事条約保護協定(GSOMIA)の廃棄を決定し通告した。11月22日失効する。
・同協定は日韓で情報の機密を共有する取り決め。
・破棄は日本による対韓輸出管理強化への対抗措置との見方が強い。
・日韓関係は徴用工訴訟問題や日本の輸出管理強化などで悪化が進んでいる。
・協定破棄の影響については議論が分かれるが、関係悪化を一段と印象付ける。
・米国は日韓の関係悪化に懸念を示したが、破棄の阻止にはつながらなかった。
・共に米国の同盟国である日韓の対立は、北朝鮮政策にも影響する。
・北朝鮮はここに来てミサイル発射を繰り返している。

◆トランプ氏がデンマーク訪問中止、グリーンランド買収拒否で(20日)(^^)
・トランプ米大統領は9月初旬に予定していたデンマーク訪問を中止した。
・同氏は先にデンマーク領グリーンランドの買収を希望していると表明。
・フレデリクセン首相は一蹴した。
・トランプ氏は拒否の仕方が非礼などとツイッターした。
・ただしその後、同首相を持ち上げ関係修復に努めた。
・領土の買収構想からして通常ではあまりない話。
・グリーンランド首脳は「売り物ではない」(Greenland is not for sale)と発言。
・笑える。

 ┌──────────────────────────── 
 │INCDの採点
 │ ☆☆☆ 世紀の大ニュース
 │ ☆☆  世界史の年表に載るようなニュース
 │ ☆   国際情勢を理解するのに知っていた方がいいニュース  
 │ 無印  興味のある方は。知らなくても困ることはないでしょう
 ├───────────────────────────
 │プラスアルファ                       
 │ (世)日本ではあまり報道していないけれど、世界では注目
 │  (^^)くだらないけど面白い。面白いけどくだらない
 └─────────────────────────────

 

◎寸評:of the Week
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 【G7首脳会議】G7首脳会議が24-26日、仏南西部ビアリッツで開かれた。今年の会議は様々な点で関心を集めた。(→国際ニュースを切る)

 【香港情勢】 6月から続く香港の抗議活動が3か月経過した。18日には民主派の呼びかけで170万人参加の大規模デモが開かれた。24-25日の週末には、デモ参加者と警察当局が衝突、負傷者も出た。事態の行方は依然みえない。

 【Brexit】 ジョンソン英首相が21-22日独仏を訪問。メルケル独首相、マクロン仏大統領と会談した。英国のEU離脱問題については従来の主張が繰り返された。10月末の「合意なし離脱」の可能性が膨らんだ、との見方が強い。
 英紙サンデー・タイムズは18日、合意なし離脱の場合の影響をまとめた英政府の内部文書をすっぱ抜いた。食料や医薬品の不足などを指摘。英国内で波紋が広がった。
 英政府は20日、EUの会合に9月1日から原則参加しないと発表した。首脳会議などEUに直接関係する会議のみ参加する。ジョンソン氏が「何があっても離脱する」という10月30日まで2カ月余。事態はどう動くか。

 
◎今週の注目(2019年8月27日-9月1日 &当面の注目)
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・米国が9月1日、対中国制裁関税引き上げ「第4弾」の一部を発動させる。中国も関税引き上げで対抗する予定。米中貿易戦争は収束の行方が見えない。
・G7首脳会議でも話題になったアマゾン火災の行方が気になる。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 incd-club は国際問題に関係する内外のジャーナリストやビジネスマンらのグループです。「国際ニュース・カウントダウン」は、世界のニュースから週刊単位でベスト5を選び、解説したもの。日本のメディアの報道とは異なる視点から、面白くかつ分かりやすく地球を鳥瞰しています。
 ブログは毎週発行のメールマガジンを元に作成しています。

 ------------------------------------------------
 メールマガジンの登録変更・解除は次のアドレスから。(『まぐまぐ』を利用)。
 http://www.mag2.com/m/0000056121.htm
 ------------------------------------------------

 Copyright(c) 2000-2019 INCD-club

 

 

« 2019年33号 (8.12-17 通算997号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | ◆G7首脳会議が映した世界の変化 2019.8.26 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年33号 (8.12-17 通算997号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | ◆G7首脳会議が映した世界の変化 2019.8.26 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ウェブページ