« 2019年32号 (8.5-11 通算996号)国際ニュース・カウントダウン | トップページ | 2019年34号 (8.18-26 通算998号)国際ニュース・カウントダウン »

2019年8月19日 (月)

2019年33号 (8.12-17 通算997号) 国際ニュース・カウントダウン

◎国際ニュース・週間カウントダウン: 2019年8月12-17日
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◆香港の抗議運動拡大、空港一時封鎖☆
・香港の抗議活動が拡大。12-14日には空港が一時封鎖された。
・数千人の若者らが座り込みを実施。12-13日には600便以上が欠航した。
・中国は人民武装警察部隊を隣接する深センに配置。圧力をかける。
・各地で抗議活動が継続。11日には各地で衝突し、負傷者が出た。
・香港抗議活動は発生から3か月を経過し、むしろ過激化している。
・動きは香港の将来の地位や中国の民主化対応を左右しかねない。影響は大きい。
・世界は固唾を飲んで見つめている。

◆イタリア内閣不信任回避、連立政権亀裂は決定的(13日)☆
・上院は与党の極右・同盟が提出した内閣不信任案の採決を見送った。
・連立相手の「5つ星運動」と野党・民主党が反対。採決を拒否した。
・内閣不信任→総選挙は当面回避された。
・ただ連立与党の亀裂は決定的になり、政権の行方は不透明だ。
・政権は極右とポピュリズム政党の連立で2008年の成立した。
・しかし税制やインフラ整備などを巡り意見対立が深まった。
・同盟は反移民などで人気を高め、5月の欧州議会選でも勝利した。
・5つ星や野党は、早期の選挙を避けたい思惑で一致する。

◆米長短金利が逆転、景気後退への懸念(14日)
・米国の国債市場で、短期利回りが長期を上回る逆転が起きた。
・2年物の利回りが10年物を上回った。逆転は12年ぶり。
・長短金利逆転は将来の景気後退を示唆する現象と受け止められる。
・米中貿易戦争で世界経済への先行懸念は強まっている。
・世界各地では景気減速の兆候が目立ち、英独の4-6月はマイナス成長。
・ロシアは2019年の第1、第2四半期の成長がともに1%を切った。

◆アルゼンチン大統領予備選で左派勝利、通貨安(11-12日)
・大統領選の予備選挙を11日実施。左派のフェルナンデス元首相が首位だった。
・得票率47%で、現職の中道右派マクリ大統領の32%に大差をつけた。
・予備選は大統領選出馬の条件で1.5%以上の得票が必要。大統領選は10月27日。
・フェルナンデス氏はIMFとの合意見直しなどを掲げる。
・結果を受け市場では12日、通貨ペソ安や株安が進んだ。
・マリク大統領は14日、最低賃金の引き上げなどの経済対策を発表した。
・マリク氏は2015年就任。市場重視の立場から経済改革推進を目指した。
・しかし2018年には大幅な通貨安などに見舞われ、経済は混乱した。

◆英がイラン籍タンカー解放(15日)
・英領ジブラルタルは7月に拿捕したイランの石油タンカーを解放した。
・イラン側からシリアへ輸送しない確約が取れたためという。
・米国は拘束の継続を求めていたが、要請に答えない形で解放した。
・イランがペルシャ湾で拿捕した英国タンカーの解放に結びつくかは不明。
・英は米国が提唱したペルシャ湾でのタンカー護衛の有志連合には前向き。
・イラン情勢は、各国の利害が複雑に絡み合う形で緊張が高まった状況が続く。

   ┌──────────────────────────── 
 │INCDの採点
 │ ☆☆☆ 世紀の大ニュース
 │ ☆☆  世界史の年表に載るようなニュース
 │ ☆   国際情勢を理解するのに知っていた方がいいニュース  
 │ 無印  興味のある方は。知らなくても困ることはないでしょう
 ├───────────────────────────
 │プラスアルファ                       
 │ (世)日本ではあまり報道していないけれど、世界では注目
 │  (^^)くだらないけど面白い。面白いけどくだらない
 └─────────────────────────────

◎寸評:of the Week
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 【香港混乱】 香港の混迷が深まっている。容疑者の中国への引き渡しを容易にする法案を巡り、抵抗運動が拡大したのが6月。それから3か月を経過し、住民の抵抗運動はむしろ拡大し、過激化している。11日には各地で衝突が起こり、1人の女性が警察の暴行を受けて失明したとの情報が流れた。これをきっかけに、数千人の若者が12-13日にかけて空港を占拠。2日で600便が欠航に追い込まれた。空港占拠の映像は世界に流れ、世界の関心が集まっている。
 中国は武装警察部隊を隣接する深センに配置。香港への圧力を強める。ただ、実際に香港への派遣となれば、民主化運動を武力で制圧した1989年の天安門事件の繰り返しになりかねない。国際的な非難を浴びるのは必至で、中国当局もそうした事態は望んでいないとの見方が強い。
 トランプ米大統領は香港情勢に関するツイートを繰り返し、中国をけん制する。
 問題は香港の一国二制度の行方、中国の民主民主化への対応、米国など国際社会の中国手の対峙の仕方などに影響する。
 2014年の雨傘運動は、民主派の運動が制圧される形で終わった。今回はどうなるか。
 雨傘運動の現場には、ジョン・レノンのイマジンの詩が掲げられた。今回の抵抗運動では、レ・ミゼラブルの「民衆の歌」が歌われる。抵抗運動を支える精神も重要だ。
 香港情勢から目を離せない。
 
◎ 中国の覇権へ抵抗3月(みつき)超ゆ
◎ 自由への勇気支える歌がある

 
◎今週の注目(2019年8月18-25日 &当面の注目)
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・香港情勢の行方から目を離せない。中国の全人代は22日から常任委員会を開催する予定。香港問題を協議する可能性がある。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 incd-club は国際問題に関係する内外のジャーナリストやビジネスマンらのグループです。「国際ニュース・カウントダウン」は、世界のニュースから週刊単位でベスト5を選び、解説したもの。日本のメディアの報道とは異なる視点から、面白くかつ分かりやすく地球を鳥瞰しています。
 ブログは毎週発行のメールマガジンを元に作成しています。
 ------------------------------------------------
 メールマガジンの登録変更・解除は次のアドレスから。(『まぐまぐ』を利用)。
 http://www.mag2.com/m/0000056121.htm
 ------------------------------------------------

 Copyright(c) 2000-2019 INCD-club

 

 

 

« 2019年32号 (8.5-11 通算996号)国際ニュース・カウントダウン | トップページ | 2019年34号 (8.18-26 通算998号)国際ニュース・カウントダウン »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年32号 (8.5-11 通算996号)国際ニュース・カウントダウン | トップページ | 2019年34号 (8.18-26 通算998号)国際ニュース・カウントダウン »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

ウェブページ