« ◆インド総選挙とモディ政権2期目の展望 2019.5.26 | トップページ | 2019年23号 (6.3-9 通算987号)国際ニュース・カウントダウン »

2019年6月 2日 (日)

2019年22号 (5.27-6.2 通算986号) 国際ニュース・カウントダウン

国際ニュース・週間カウントダウン: 2019年5月27日-6月2日

 
◆米国がメキシコに経済制裁、全輸入品に追加関税(30日)☆
・トランプ大統領は対メキシコ制裁を発表。不法移民対策が不十分との理由。
・6月10日から全輸入品に5%の関税を課す。
・メキシコの対応次第では段階的に25%にまで引き上げる。
・メキシコが効果的な対策を採ったと判断すれば関税を撤廃する。
・米国のメキシコからの輸入は3465億ドルで中国(5395億ドル)に次ぐ。
・自動車関連や電気製品などが多い。
・米国内の自動車メーカーなどは、関税で輸入価格が上がれば影響を受ける。

◆FCA、ルノーが経営統合協議(27日)☆
・フィアット・クライスラー(FCA)は仏ルノーに経営統合を提案した。
・ルノーも前向きに検討する旨を表明した。
・実現すれば販売台数は世界3位の870万台となる。
・ルノーグループの日産、三菱自動車を加えると1500万台で断トツとなる。
・統合は双方の株主が50%ずつを握る計画。
・自動車業界は20世紀後半以来何度かの再編を経験してきた。
・最近ではリーマン・ショック後にGM破綻、FCA誕生などの再編が起きた。
・現在は電気自動車の急速な普及などで、産業が大きく変わる局面にある。

◆イスラエル国会が解散、再選挙(30日)☆
・国会は解散を決定。やり直し選挙を9月に実施する。
・同国では4月の総選挙で、与党右派リクードが第1党を維持。
・ネタニヤフ首相が連立交渉を行ったが、不調に終わった。
・一部ユダヤ人の懲役免除を巡り、極右と宗教政党の利害対立が解けなかった。
・パレスチナ和平交渉が動き出す可能性は、当面小さくなった。

◆EU臨時首脳会議、時期体制の人事調整始動(28日)
・EUは臨時の首脳会談を開催した。
・欧州議会選挙(23-26日)を受けたもので、政治状況などを協議。
・秋からの新体制づくりに向けた人事調査が本格的に始まった。
・EUは10-11月にEU大統領や欧州委員長、欧州中銀総裁が任期を迎える。

◆トルコが2四半期連続でマイナス成長(31日)
・トルコの1-3月のGDPは前年比2.6%減。
・2018年10-12月期に続き2四半期連続でマイナス成長になった。
・イスタンブール市長選やり直しなどを契機に外資の逃避→通貨安が加速。
・高インフレで消費などが不振に陥っている。
・新興国ではブラジルも1-3月にマイナス成長を記録。
・経済に黄色信号が灯っている国が少なくない。

   ┌──────────────────────────── 
 │INCDの採点
 │ ☆☆☆ 世紀の大ニュース
 │ ☆☆  世界史の年表に載るようなニュース
 │ ☆   国際情勢を理解するのに知っていた方がいいニュース  
 │ 無印  興味のある方は。知らなくても困ることはないでしょう
 ├───────────────────────────
 │プラスアルファ                       
 │ (世)日本ではあまり報道していないけれど、世界では注目
 │  (^^)くだらないけど面白い。面白いけどくだらない
 └─────────────────────────────

◎寸評:of the Week
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 【米国が対メキシコ関税】 米国のトランプ大統領がメキシコからの輸入製品全品に関税を課すと発表した。6月10日に5%、以後4段階で引き上げ、最終的に10月1日に25%にする計画。メキシコが不法移民問題で十分な対策をとっていないためとする。突然の決定は、いつもながら「いきなりか」と驚きたくなるトランプ流だ。

 メキシコからの輸入は中国からに次ぐ2位。2018年で3465億ドル(中国は5395億ドル)に上る。自動車部品など、米国内の製造拠点に送っている分も多い。高関税になれば、当然サプライチェーンに影響が出る。

 不法移民問題は国境の「壁」建設が話題になるが、最近関税がニュースになることは多くなかった。昨年NAFTAの再交渉をまとめ、関税原則ゼロを維持できるめどが立ったところに、この決定だ。

 メキシコは当然反発。米国の自動車業界も反対を表明し、法的措置も辞さない姿勢を見せている。

 対中国だけにとどまらない関税の引き上げ。世界の貿易や経済に与える悪影響が懸念されることはもちろん、世界中で既存ルール軽視の風潮が広がっていかないか、不安も広がる。

 

◎ トランプ流びっくりのネタ東西南北 
◎ スパイにも移民にもまずは関税パンチ
 

今週の注目(2019年6月3-9日 &当面の注目)
 
・中国の天安門事件から4日で30年を迎える。中国では情報規制の強化が強まっている。
・トランプ米大統領が3-7日に英仏など欧州を訪問する。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 incd-club は国際問題に関係する内外のジャーナリストやビジネスマンらのグループです。「国際ニュース・カウントダウン」は、世界のニュースから週刊単位でベスト5を選び、解説したもの。日本のメディアの報道とは異なる視点から、面白くかつ分かりやすく地球を鳥瞰しています。
 ブログは毎週発行のメールマガジンを元に作成しています。

 ------------------------------------------------
 メールマガジンの登録変更・解除は次のアドレスから。(『まぐまぐ』を利用)。
 http://www.mag2.com/m/0000056121.htm
 ------------------------------------------------

 

 Copyright(c) 2000-2019 INCD-club

 

 

 

« ◆インド総選挙とモディ政権2期目の展望 2019.5.26 | トップページ | 2019年23号 (6.3-9 通算987号)国際ニュース・カウントダウン »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ◆インド総選挙とモディ政権2期目の展望 2019.5.26 | トップページ | 2019年23号 (6.3-9 通算987号)国際ニュース・カウントダウン »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ