« 2019年20号 (5.13-19 通算984号)国際ニュース・カウントダウン | トップページ | ◆インド総選挙とモディ政権2期目の展望 2019.5.26 »

2019年5月26日 (日)

2019年21号 (5.20-26 通算985号)国際ニュース・カウントダウン

 

国際ニュース・週間カウントダウン: 2019年5月20-26日

◆インド総選挙、モディ首相与党が圧勝(23-24日)☆
・4-5月投票の総選挙結果が開票され、モディ首相の与党BJPが勝利した。
・定数545の過半数を超える303議席を獲得した。首相が続投する。
・BJPが2期連続で政権を担うのは初めてだ。
・首相は2014年に就任。7%前後の成長を実現してきた。
・地方ごとに異なった税制の統一や高額紙幣の廃止などを実施した。
・2月のカシミールのテロ時には強硬姿勢を示し、支持を得た。
・2期目は成長の維持や地方の農村振興による格差是正などが課題になる。
・選挙は4月11日から7回に分けて実施。有権者9億人で世界最大。
・投票率は67%で、1947年の独立以来最高だった。

◆英メイ首相が辞任表明(24日)☆
・メイ首相は、6月7日に与党・保守党の党首を辞任すると表明した。
・後任が決まり次第、首相からも退く。
・EU離脱をまとめられず、混乱が続く責任を取った。
・後継の党首選にはジョンソン元外相らが出馬表明した。
・ただし、新党首が決まっても分裂する党内のとりまとめは難しい。
・新党首がスンナリ首相に決まるかも不確実だ。
・英国はEU離脱期限を10月末に再延長した。しかし行方は見えず混乱が続く。
・合意なき離脱のリスクも、首相辞任でまたぞろ浮上してきた。

◆欧州議会選投票(23-26日)☆
・欧州議会選の投票がEU加盟28か国で行われた。
・26日以降開票される。
・事前の世論調査によると、ポピュリストや極右政党が議席を伸ばしそう。
・2大勢力だった中道右派、中道左派はいずれも後退しそうだ。
・欧州議会選挙は欧州政治の潮流を映す出来事として注目される。

◆インドネシア大統領選ジョコ氏再選、反対派が抗議(21日)☆
・選管は4月19日の大統領選の結果を発表した。
・現職のジョコ大統領当選が正式に決まった。得票率55%。
・しかし野党支持派は結果を認めず抗議活動を展開。
・6人の死者が出たほか、投石や放火なども広がった。
・当局は「イスラム国」の関係者を逮捕したと発表した。
・抗議デモ長期化の懸念も出ている。

◆米が中東に1500人追加派遣(24日)
・トランプ大統領は約1500人の米兵を中東に追加派兵すると発表した。
・イランの脅威の高まりに対応するためとしている。
・米国は5月に対イラン制裁を強化。イランは反発している。
・ホルムズ海峡付近ではサウジなどのタンカーが襲撃される事件が発生した。
・バクダッドでは19日、米大使館などがある地域にロケット弾の攻撃があった。
・偶発的な衝突→紛争拡大への懸念も強まっている。

   ┌──────────────────────────── 
 │INCDの採点
 │ ☆☆☆ 世紀の大ニュース
 │ ☆☆  世界史の年表に載るようなニュース
 │ ☆   国際情勢を理解するのに知っていた方がいいニュース  
 │ 無印  興味のある方は。知らなくても困ることはないでしょう
 ├───────────────────────────
 │プラスアルファ                       
 │ (世)日本ではあまり報道していないけれど、世界では注目
 │  (^^)くだらないけど面白い。面白いけどくだらない
 └─────────────────────────────

 

◎寸評:of the Week
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 【ビッグニュース】 比較的大きなニュースが続いた。インドの総選挙はモディ首相与党のBJPが事前予想を上回る勝利(→「国際ニュースを切る」)。英国ではメイ首相が退陣を発表した。

 

 【米中貿易・ハイテク戦争の影響】 米中貿易・ハイテク戦争の影響が世界経済にジワリと及んでいる。中国では対米輸出が減少。東南アジアも対中や対米輸出の減少で、成長率が下がり始めた。IMFやADBなどは成長予測を下方修正している。
 米中貿易交渉が4月末に不調に終わった後、米国は5月に入り(1)中国からの輸入2500億ドル分の関税を10%→25%に引き上げ、(2)別に3000億ドル分の関税を引き上げ、(3)ファーウェイとの取引を事実上禁止、などの措置を相次ぎ発表。貿易・ハイテク戦争は新段階に入った。
 影響は今後さらに拡大してくる可能性が大きい。トランプ大統領が対中制裁関税を打ち出したのが2018年3月。それから1年強で、世界経済の風景は大きく変わったと、改めて実感する。

 

今週の注目(2019年5月20-26日 &当面の注目)

・欧州議会選挙が5月23-26日に実施。結果が判明する。極右やポピュリズム政党の台頭を含め、欧州政治の流れを占う。
・EUの臨時首脳会議が28日に開催される。欧州議会選を踏まえたEU情勢や、今秋以降のEUの新体制などを協議する見通し。
・ベルギーの総選挙が26日に行われた。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 incd-club は国際問題に関係する内外のジャーナリストやビジネスマンらのグループです。「国際ニュース・カウントダウン」は、世界のニュースから週刊単位でベスト5を選び、解説したもの。日本のメディアの報道とは異なる視点から、面白くかつ分かりやすく地球を鳥瞰しています。
 ブログは毎週発行のメールマガジンを元に作成しています。

 ------------------------------------------------
 メールマガジンの登録変更・解除は次のアドレスから。(『まぐまぐ』を利用)。
 http://www.mag2.com/m/0000056121.htm
 ------------------------------------------------

 

 Copyright(c) 2000-2019 INCD-club

 

 

« 2019年20号 (5.13-19 通算984号)国際ニュース・カウントダウン | トップページ | ◆インド総選挙とモディ政権2期目の展望 2019.5.26 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年20号 (5.13-19 通算984号)国際ニュース・カウントダウン | トップページ | ◆インド総選挙とモディ政権2期目の展望 2019.5.26 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ