« 2019年16号 (4.15-21 通算980号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | 2019年18号 (4.29-5.5 通算982号)国際ニュース・カウントダウン »

2019年4月29日 (月)

2019年17号 (4.22-18 通算981号)国際ニュース・カウントダウン

国際ニュース・週間カウントダウン: 2019年4月22-28日
 

◆スリランカのテロ、イスラム過激派が犯行声明(23日)☆
・スリランカ各地の連続爆破テロで、「イスラム国」が犯行声明を出した。
・テロは21日にコロンボのホテルや教会など8か所でほぼ同時に発生。
・外交人観光客なども含め250人以上が死亡した。
・8か所中6か所は自爆テロによる爆発だった。
・同国当局によると、国内ではイスラム過激派NTJが関与した。
・人口の約7割は仏教徒。ヒンズー教徒、イスラム教徒が各約1割。
・2018年には反イスラムの暴動が広がった。
・ISは2017年10月に首都としたラッカを放棄。ほぼ領土を失った。
・しかしアジア、アフリカなど約20か国にテロのネットを維持するとされる。

◆ウクライナ大統領選、コメディアンのゼレンスキー氏圧勝(21日投票)☆
・大統領選の決選投票が行われ、新人のゼレンスキー氏(41)が圧勝した。
・約7割を得票。ポロシェンコ現大統領に大差を付けた。
・同氏はコメディアンで政治は素人。既存政治に失望した有権者の支持を得た。
・ロシアとの和平協議にも前向き姿勢を示す。ただ具体策は未知数だ。
・同国は2014年に政変→ロシアによるクリミア併合を経験。以後混乱が続く。
・東部地区の親ロシア派は独立を主張。紛争状態にある。
・経済は2013-15年にマイナス成長を記録。高インフレが続く。
・汚職が蔓延、貧富の格差拡大など社会の不満も高まる。
・同国は10月に議会選を予定している。
・新大統領が「汚職撲滅」などの公約を守れる道筋見えない。
・ロシアは対ウクライナで外交攻勢をかけて来る可能性がある。

◆スペイン総選挙、与党が第1党、極右議席(28日投票)☆
・総選挙(議席350)が実施され、与党・中道左派の社労党が第1党になった。
・サンチェス首相率いる同党は親EU。議席を84→122前後に増やす見込み。
・中道右派の国民党は134→大幅に議席を減らす。
・振興極右のボックスが24議席となり、初めて議席を獲得する。
・過半数を制した政党はなく連立交渉が始まるが、難航する可能性もある。

◆ロシア、北朝鮮首脳が会談(25日)
・北朝鮮の金正恩委員長がロシアを訪問。プーチン大統領と会談した。
・極東ウラジオストックで。両者の会談は初めて。
・朝鮮半島の非核化などの問題を協議した。
・プーチン氏は会談後、非核化の段階的推進を支持すると述べた。
・プーチン氏は翌26日北京で習近平国家主席と会談。問題を協議した。

◆エジプト国民投票、憲法改正承認、シシ大統領任期延長(23日)
・国民投票が20-22日行われ、憲法改正を承認した。23日発表。
・シシ大統領の任期延長を含む内容。
・この結果、同氏は2030年までの在職が可能になる。
・同国は2011年のアラブの春を経て、ムスリム同胞団系の政権が成立。
・しかし2013年に事実上のクーデターで、シシ氏が権力を掌握した。

   ┌──────────────────────────── 
 │INCDの採点
 │ ☆☆☆ 世紀の大ニュース
 │ ☆☆  世界史の年表に載るようなニュース
 │ ☆   国際情勢を理解するのに知っていた方がいいニュース  
 │ 無印  興味のある方は。知らなくても困ることはないでしょう
 ├───────────────────────────
 │プラスアルファ                       
 │ (世)日本ではあまり報道していないけれど、世界では注目
 │  (^^)くだらないけど面白い。面白いけどくだらない
 └─────────────────────────────

寸評:of the Week
 

 【スリランカのテロが問う世界的問題――「イスラム国」、民族・宗教対立】 スリランカの同時テロで、「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。2014年ごろからイラクとシリア北部を支配したISは、2017年に領土をほぼ失った。しかしテロのネットワークは残り、米国の報告では中東やアジア、アフリカなど20か国にネットが存在するという。今回の事件で、改めて存在を示した形だ。
 スリランカは1970年代から仏教徒中心のシンハラ人とヒンズー教徒中心のタミル人の内戦が勃発し、10万人が死亡した。内戦はシンハラ系が勝利する形で2009年に終結。平和を取り戻し、経済再建を進めているところだった。
 しかし、対立の根はシンハラ系とタミル系だけではなかった。人口の約1割を占めるイスラム系の人々への圧迫もあり、2018年には反イスラムの暴動が発生した。今回のテロはそんな状況の中で起きた。実行犯は中東でISの活動に携わった者だけでなく、高等教育を受けた裕福な家庭出身者もいたと伝えられる。今回のテロが、3月にNZで起きたモスク襲撃への報復だったとの情報もある。
 「イスラム国」、民族・宗教対立。内戦の傷跡。憎悪の連鎖。テロは多くの根深い問題を見せつける。

◎ テロ発生 「ISか?」のカンよく当たる
◎ 和平10年 平和の国かと思ったが
 

 【ウクライナ大統領選】 ウクライナ大統領選でコメディアンのゼレンスキー氏が当選した。得票率は7割を超えた。同氏は昨年大晦日に人気テレビ番組の中で出馬声明。具体的政策もほとんど語らないまま選挙戦を展開した。その結果が圧勝だ。
 大統領選を機にウクライナの政治や経済状態を改めてチェックすると、事態は深刻だ。同国の2014年の政変にロシアが介入。クリミア半島を併合した。東部のロシア系住民は独立を宣言し、政府軍とロシア系の間で紛争が続く。
 経済は2014-16年にマイナス成長に陥り、高インフレが続く。ロシアはエネルギー供給の締め付けで圧力をかける。国民は100万人単位でポーランドなどに出稼ぎに出かける。
 汚職が蔓延。格差は拡大している。ポロシェンコ大統領は欧米に支援を求めたが、その条件の財政赤字の抑制は、国民に負担を強いている。
 ウクライナは人口4200万。面積ではロシアより東では欧州最大の"大国"だ。しかし現状はかくの如しだ。
 悲劇的ともいえる混乱と、その中で選ばれたコメディアン出身の大統領。先行きは楽観を許さない。

◎ 悲劇の世、託したくなる喜劇役者(コメディアン)

 

◎今週の注目(2019年4月29日-5月5日 &当面の注目)
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・日本の天皇が30日退位。5月1日に新天皇が即位する。時代は「平成」から「令和」に変わる。
・タイでラーマ10世(ワチラーロンコーン国王)の戴冠式が5月4日から行われる。
・欧州議会選挙が5月23-26日に行われる。極右やポピュリズム政党の台頭を含め、欧州政治の流れを占う。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 incd-club は国際問題に関係する内外のジャーナリストやビジネスマンらのグループです。「国際ニュース・カウントダウン」は、世界のニュースから週刊単位でベスト5を選び、解説したもの。日本のメディアの報道とは異なる視点から、面白くかつ分かりやすく地球を鳥瞰しています。
 ブログは毎週発行のメールマガジンを元に作成しています。
 ------------------------------------------------
 メールマガジンの登録変更・解除は次のアドレスから。(『まぐまぐ』を利用)。
 http://www.mag2.com/m/0000056121.htm
 ------------------------------------------------

 Copyright(c) 2000-2019 INCD-club

 

 

« 2019年16号 (4.15-21 通算980号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | 2019年18号 (4.29-5.5 通算982号)国際ニュース・カウントダウン »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年16号 (4.15-21 通算980号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | 2019年18号 (4.29-5.5 通算982号)国際ニュース・カウントダウン »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ