« 2018年17号(4.23-30 通算931号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | 2018年19号(5.7-13 通算933号) 国際ニュース・カウントダウン »

2018年5月 7日 (月)

2018年18号(5.1-7 通算932号)国際ニュース・カウントダウン

国際ニュース・週間カウントダウン: 2018年5月1-7日(アジア時間)

◆ノーベル文学賞、今年は見送り(4日)☆
・2018年のノーベル文学賞の授賞が見送られる。
・賞の選考を行うスウェーデン・アカデミーが発表した。委員会の混乱が理由。
・18年受賞者は19年の受賞者と共に公表する。
・2017年に選考委員の1人だった女性詩人・作家の夫を巡る性的暴行疑惑が浮上。
・委員長などが辞任するスキャンダルに発展。アカデミーへの批判が高まった。
・夫の写真家・アルノー氏はアカデミーが資金提供するプロジェクトにも参加。
・受賞者情報を事前に漏らしていたという疑惑もある。
・ノーベル文学賞が発表されないのは、大戦中などごくわずかだ。
・1901年に発足したノーベル賞で最大級のスキャンダルになっている。

◆米中貿易交渉、激しい応酬(3-4日)☆
・通商問題を巡る米中の交渉が北京で開催された。初の公式協議。
・米からムニューシン財務長官ら、中国から劉鶴副首相らが参加した。
・米は2020年までに貿易赤字2000億ドル削減を要求した。2017年対中赤字の約半分だ。
・中国側は米通商法301条による一方的措置を取らないよう求めた。
・応酬を通じて対立点などが浮き彫りになった。協議後の共同会見などはなかった。
・米トランプ政権は3月、知的賞有権侵害などを理由に500億ドルの対中制裁を発表。
・中国ハイテク企業のZTEとの取引禁止などの措置も打ち出した。
・米中間で緊張が高まり、貿易戦争を懸念する声も大きくなっている。
・米中交渉は問題の解決に向けた枠組みだが、改善は容易ではない。長期化は必至だ。

◆アルゼンチン通貨防衛に大幅利上げ、ドル高が一部新興国に打撃(4日)☆
・アルゼンチン中銀は政策金利を6.75%引上げ、年40%にした。
・4月27日、5月3日にも各3%上げており、8日間で3度目、累計12.75%の上昇だ。
・ペソ安、資金流出を防ぐ狙い。
・ペソは年初から約2割低下。1ドル=23ペソ程度で推移している。
・同国は2015年に左派政権→中道右派マクリ政権に交代。市場重視の経済運営に転じた。
・しかし高インフレ(2017年は約25%)、通貨安で経済は不安定だ。
・ここに来て米引締め加速観測→ドル高進展。一部深刻国から通貨流出の兆しがある。
・トルコなども資金流出の動きがあり、金融引き締めで対応している。

◆米韓首脳が会談、米朝会談にらみ調整(4日)
・韓国の文在寅大統領が訪米。22日にトランプ大統領と会談する。
・6月までに開く米朝首脳会談をにらんだ意見調整などが狙い。
・在韓米軍の削減などが話題に上がる可能性もある。
・中国の王毅外相は北朝鮮を訪問。金正恩委員長と会談した。
・王氏は先の南北朝鮮首脳会談が表明した朝鮮半島非核化などを支持した。
・米朝首脳会談をにらみ、調整や駆け引きが続く。

◆NY原油70ドル超(6日)
・WTI原油先物相場が時間外取引で1ドル70ドルを超えた。
・70ドル超えは2014年11月以来、3年5月ぶり。
・米国が対イラン制裁を再開するとの観測もあり、価格が上昇した。

  ┌──────────────────────────── 
 │INCDの採点
 │ ☆☆☆ 世紀の大ニュース
 │ ☆☆  世界史の年表に載るようなニュース
 │ ☆   国際情勢を理解するのに知っていた方がいいニュース  
 │ 無印  興味のある方は。知らなくても困ることはないでしょう
 ├───────────────────────────
 │プラスアルファ                       
 │ (世)日本ではあまり報道していないけれど、世界では注目
 │  (^^)くだらないけど面白い。面白いけどくだらない
 └─────────────────────────────

◎寸評:of the Week
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 【米中通商交渉】 米国と中国の通商交渉が北京で行われた。米トランプ政権は3月以降、対中制裁や大手ハイテク企業の締め出しなどを発表し、貿易戦争の懸念が高まっている。そうした中での開催だ。今回は意見の食い違いが際立ち、歩み寄りはなかったが、はなから簡単な決着などあり得ない話だ。

 交渉で米国は、対中貿易赤字の2000億ドル削減という数値要求を提示。サイバー攻撃を使った企業情報の取得などにも警鐘を鳴らした。一方中国側は、米通商法301条に基づく一方的措置の自制などを要求。溝の深さを示した。

 米中交渉が日米や米韓などの交渉と異なるのは、問題が経済の分野にとどまらず、今後の世界のルール形成や影響力にもかかわるためだ。両国が本当に貿易戦争に突入すれば、世界の枠組み自体が揺らぎかねない。今後の展開に要注目だ。

 【ドル高と振興国の資金流出】 アルゼンチンが金利の緊急引き上げに追い込まれた。通貨ペソの下落が続いているためだ。4月下旬から8日間で、都合3回、合計12.75%の利上げになる。政策金利は40%と、低インフレが定着している先進国の常識では想像できないレベルだ。

 同国は1980-90年代などにも経済危機を経験。2001年にはデフォルト(債務不履行)を経験している。2015年に発足した中道右派のマクリ政権は市場重視の政策を打ち出し、物価・通貨の安定や成長加速を目指しているが、道は険しい。2017年のインフレは約25%。ペソは年初から2割低下という有様である。ちなみに同国は1980年代末、年率5000%のハイパーインフレを経験している。

 米国はリーマン・ショックから10年を経て、超緩和状態だった金融の引き締め(正常化)に動き、ドル高が進んでいる。こうした中、一部の新興国で資金流出の圧力が強まっている。アルゼンチンやトルコなどがその事例だ。

 新興国にとって、外資導入による投資拡大は成長戦略の重要な柱の一つ。しかし、海外からの資金流入に依存した経済は、資金引き上げ→通貨危機などのリスクを伴う。新興国の中でも財政が脆弱な国や、高インフレの国は悪影響を受けやすい。

 約20年前にはアジア通貨危機があった。アジア諸国は経済・金融改革や外貨準備の拡大などで危機を表面化させない策を打っている。しかし、それがどこまで十分なものかは、国により異なる。

 アルゼンチンや他の新興国は、今回は大丈夫なのか。インフレ25%、金利40%の社会の行方そのものと合わせて気になる。

◎ インフレと通貨危機ばかりが目立つ国
◎ ゼロ金利の時代などと誰が言う
◎ 改革も米のくしゃみで飛ばされる

◎今週の注目(2018年5月7-13日 &当面の注目)
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・マレーシアの総選挙が9日に行われる。ナジブ首相の与党に対し、マハティール元首相が野党の首相候補として挑む形。

・ロシアのプーチン大統領の通算4期目の就任式が7日行われる。モスクワなどでは5日、反体制派による抗議デモが行われた。反体制派の動きはあるのか。大統領はどんなメッセージを発するのか。

・アルメニアで新首相を選ぶ議会の特別会合が8日行われる。同国では2008年から10年間大統領を務めたサルキシャン氏が4月、首相に横滑りして長期政権を目指した。これに市民らが抗議デモを展開。首相は4月末に辞任に追い込まれた。その後後任首相を選ぶ特別会合が開かれたが、意見調整ができなかった。8日の会合で後任が決まらなければ、議会解散となる。

・米国の対イラン制裁解除の期限が12日に終了。トランプ大統領が延長するかどうかを判断する。米国内では対イラン強硬の声が強まっている。イラン核合意の破棄となれば、中東の緊張は一気に高まる。

・米韓首脳会談が22日。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 incd-club は国際問題に関係する内外のジャーナリストやビジネスマンらのグループです。「国際ニュース・カウントダウン」は、世界のニュースから週刊単位でベスト5を選び、解説したもの。日本のメディアの報道とは異なる視点から、面白くかつ分かりやすく地球を鳥瞰しています。
 ブログは毎週発行のメールマガジンを元に作成しています。

 ------------------------------------------------
 メールマガジンの登録変更・解除は次のアドレスから。(『まぐまぐ』を利用)。
 http://www.mag2.com/m/0000056121.htm
 ------------------------------------------------

 Copyright(c) 2000-2018 INCD-club

« 2018年17号(4.23-30 通算931号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | 2018年19号(5.7-13 通算933号) 国際ニュース・カウントダウン »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年18号(5.1-7 通算932号)国際ニュース・カウントダウン:

« 2018年17号(4.23-30 通算931号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | 2018年19号(5.7-13 通算933号) 国際ニュース・カウントダウン »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ウェブページ