« ◇世界の関心と国際世論2015年07号(2015.2.9-15) | トップページ | ◇世界の関心と国際世論2015年08号(2015.2.16-22) »

2015年2月24日 (火)

2015年08号(2.16-22 通算763号) 国際ニュース・カウントダウン

◎国際ニュース・週間カウントダウン: 2015年2月16-22日
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◆ギリシャ支援、当面4か月延長(20日)☆
・EUのユーロ圏財務相会議は、ギリシャ金融支援の2月末→4か月延長を決めた。
・現行の支援の枠組みを基本的に維持。ギリシャも改革を約束した。
・ギリシャは19日に6か月の延長を申請したが、EUは期限を4か月に短縮した。
・ギリシャは当面の資金繰りにメドが立ち、財政破綻などはひとまず回避された。
・EUはギリシャに対し、改革案リストを23日まで、詳細を4月末までに提出を求めた。
・ただし、ギリシャ政府は国民に反緊縮を約束しており、どんな改革案を示せるか不明。
・ギリシャ問題はひとまず静まったものの、再度ぶり返す可能性が大きい。

◆ウクライナ停戦発効、一部で戦闘続く ☆
・ウクライナ東部の政府軍と親ロ派の停戦が15日発効した。
・交通の要所デバリツェボなどで戦闘が継続。政府軍は18日同地から撤退した。
・ウクライナは18日、国連とEUに平和維持部隊の派遣要請を決めた。
・その後も散発的な衝突が続いている。親ロ派が支配地域を拡大した。
・独仏首相は20日会談。ロシアに停戦順守を求めた。
・24日には独仏ロ、ウクライナの外相会談を開催する。
・独仏とEUは対ロ制裁強化もちらつかせ停戦を目指すが、事態は厳しい。

◆「イスラム国」がエジプト人殺害、エジプトは報復空爆(15-16日) ☆
・「イスラム国」は、リビアで拘束していたエジプト人のコプト教徒21人を殺害した。
・映像を15日にインターネット上で公開した。
・エジプト軍は16日、リビアの「イスラム国」拠点を空爆した。東部の複数拠点を破壊。
・エジプトは米主導の「イスラム国」空爆に、これまで参加していなかった。
・「イスラム国」の攻撃対象がアラブ諸国の国民にも及んでいる象徴的な事件だ。
・地域の緊張は一層高まる。イラク、シリアからリビアへの混乱拡大の懸念も広がる。

◆米でテロ対策閣僚会議(17-19日)
・テロ対策の閣僚級会議が米ワシントンで開かれ、約60か国・機関が参加した。
・情報の共有などを盛り込んだ共同声明を採択した。
・対「イスラム国」など過激派対策での結束を再確認した格好だ。
・ただし、具体的な決め手があるわけでない。世界はテロの脅威に直面し続ける。

◆米がイラク第2の都市モスル奪回計画を表明(19日)
・米中央軍はイラク第2の都市モスルの奪回計画を表明した。
・同市は昨年6月に「イスラム国」占領された。現在1000-2000人が防衛する模様。
・イラク軍地上部隊と米などの空軍などで、4-5月にも奪回作戦を展開する狙い。
・軍事作戦を事前に明らかにするのは異例。政治的な狙いがあるとみられる。

  ┌────────────────────────────
 │INCDの採点
 │ ☆☆☆ 世紀の大ニュース
 │ ☆☆  世界史の年表に載るようなニュース
 │ ☆   国際情勢を理解するのに知っていた方がいいニュース  
 │ 無印  興味のある方は。知らなくても困ることはないでしょう
 ├─────────────────────────────
 │プラスアルファ                       
 │ (世)日本ではあまり報道していないけれど、世界では注目
 │ (日)騒いでいるのは日本だけ
 │ (^^)くだらないけど面白い。面白いけどくだらない     
 └─────────────────────────────

◎寸評:of the Week
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 【このところのトレンド】 このところ世界の重大関心事は「イスラム国」など中東情勢、ウクライナ危機、ギリシャ問題の3つ。今週も傾向は変わらなかった。「イスラム国」がエジプト人のコプト教徒21人を殺害した画像は、改めて世界にショックを与えた。エジプト軍は報復の空爆に踏み切った。事態は平静に向かうのではなく、残念ながら混乱が飛び火・拡散している。

 【デンマークの銃撃事件】 14-15日に連続銃撃事件が起きたデンマークで、市民の連帯を呼びかける式典が16日行われた。市民3万人が参加した。犯人は射殺されたオマル・フセインと断定。同容疑者は逮捕歴などがあるが、過激派組織との関係などは今のところ公表されていない。また、イスラム教徒の関係等についても、政府も地元メディアも言及には慎重だ。改めて言うまでもなく、事件は重く、難しい問題を突きつけている。

◎今週の注目(2015.2.23-28)&当面の注目
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・ウクライナ東部の停戦の行方から目が離せない。一触即発の状況が続く。24日には関係4か国の外相会議が開かれる予定。
・ギリシャ問題もくすぶり続けたまま。EUがギリシャに求めた改革案リストの提出は23日となっている。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 incd-club は国際問題に関係する内外のジャーナリストやビジネスマンらのグループです。「国際ニュース・カウントダウン」は、世界のニュースから週刊単位でベスト5を選び、解説したもの。日本のメディアの報道とは異なる視点から、面白くかつ分かりやすく地球を鳥瞰しています。
 ブログは毎週発行のメールマガジンを元に作成しています。

 ------------------------------------------------
 メールマガジンの登録変更・解除は次のアドレスから。(『まぐまぐ』を利用)。
 http://www.mag2.com/m/0000056121.htm
 ------------------------------------------------

 Copyright(c) 2000-2015 INCD-club

« ◇世界の関心と国際世論2015年07号(2015.2.9-15) | トップページ | ◇世界の関心と国際世論2015年08号(2015.2.16-22) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年08号(2.16-22 通算763号) 国際ニュース・カウントダウン:

« ◇世界の関心と国際世論2015年07号(2015.2.9-15) | トップページ | ◇世界の関心と国際世論2015年08号(2015.2.16-22) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ウェブページ