« ◇世界の関心と国際世論48号(2014.11.24-30) | トップページ | ◇世界の関心と国際世論49号(2014.12.1-7) »

2014年12月 8日 (月)

2014年49号(12.1-7 通算752号)  国際ニュース・カウントダウン

国際ニュース・週間カウントダウン: 2014年12月1-7日

◆中国、周永康元常務委員の逮捕決定(5日)☆
・中国共産党は政治局会議で、周永康元政治局常務委員の党籍はく奪を決めた。
・最高検は周氏の逮捕を決めた。
・汚職のほか職権乱用、機密漏えいの容疑としている。
・常務委員経験の最高指導部経験者の汚職での逮捕は、1949年の建国以来初めて。
・習近平国家主席は汚職撲滅を前面に掲げ、大物摘発も避けない姿勢を示している。
・周氏は石油閥中心人物で江沢民元国家主席派。長老らの反対を押し切り決定した。
・逮捕には権力闘争の側面もあるが、習氏の権力把握を映すとの見方も強い。

◆米で再び黒人らの抗議活動拡大(3日)☆
・黒人男性の死亡に白人警官が絡んだ事件で、NY市大陪審は警官の不起訴を決めた。
・7月、スタテン島で違法タバコ販売の黒人を逮捕する際、首を押さえ、のち死亡させた。
・決定にNYはじめ全米で抗議活動が拡大。10都市以上に広がった。
・抗議参加者は黒人が多いが、白人や他の人種も含まれる。
・米国では11月、ミズーリ州ファーハソン事件を巡り同様に抗議デモが広がった。
・背景には、なお残る黒人や有色人種への差別や不平等感がある。
・陪審員制度の問題も指摘される。陪審員の選出基準や議論非公開が問題視される。

◆米株が最高更新、ドル高も進む ☆
・NYダウは2-5日に史上最高を相次ぎ更新した。
・リーマンショック前の2007年以来の水準。5日の終値は1万7958ドル79セント。
・米景気の回復順調が背景。ユーロ圏の低迷や中国減速などに対し米好調が際立つ。
・ドル高も進展。対円では7年4か月ぶりに1ドル=120円を超えた。
・原油価格は弱含みでの推移が続く。

◆ロシア年次教書、米への対決姿勢鮮明(4日)
・プーチン大統領は年次教書演説を行った。
・米欧などの対ロ制裁を批判。米国への対決姿勢を鮮明にした。
・ウクライナ東部の親ロ派への支援継続を言明。クリミア編入は変えない姿勢を強調した。
・経済は3-4年内に世界平均以上の成長への回復を掲げたが、具体性は乏しかった。
・ロシア経済は制裁や原油価格下落で低迷。2015年はマイナス成長もあり得る状態。

◆対イスラム国会議、イランも空爆か(3日)
・イスラム国への対応を協議する閣僚会議がブリュッセルで開かれた。
・欧米や中東諸国など約60か国が参加した。
・共同声明は、軍事行使、資金源根絶、人道支援など5分野の取り組み強化を示した。
・米国防総省は2日、イランの有人機がイラク東部でイスラム国への空爆を実施したと表明した。
・イランは確認を避けたが、否定していない。

  ┌────────────────────────────
 │INCDの採点
 │ ☆☆☆ 世紀の大ニュース
 │ ☆☆  世界史の年表に載るようなニュース
 │ ☆   国際情勢を理解するのに知っていた方がいいニュース  
 │ 無印  興味のある方は。知らなくても困ることはないでしょう
 ├─────────────────────────────
 │プラスアルファ                       
 │ (世)日本ではあまり報道していないけれど、世界では注目
 │ (日)騒いでいるのは日本だけ
 │ (^^)くだらないけど面白い。面白いけどくだらない     
 └─────────────────────────────

◎寸評:of the Week
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 【中国・台湾・香港】 中国共産党・最高検は周永康元政治局常務委員の逮捕を決定。習近平主席の汚職撲滅対策(かつ権力闘争)は、大きな節目を越えた。台湾では馬英九総統が地方選敗北の責任を取って国民党の党首を辞任。同総統は2008年の就任後中台接近を進めようとしたが、今年前半学生らによる立法院占拠で足踏みしている。今回の党首辞任で、中台接近はしばらく進まない可能性が強くなった。香港では、行政府が民主派による占拠の強制排除を広げている。中国・台湾・香港の動きは複雑に絡み合っているが、「1国2制度の有名無実化」をキーワードとして見るのも一つの視点になる。

 【重要な動き】 世界的な大ニュースではないが、重要な動きが相次いだ。オバマ米大統領は、辞任するヘーゲル国防長官の後任にカーター前国防副長官を指名した。そのヘーゲル長官はアフガニスタンを訪問。米軍撤退を一時中断すると表明した。米国NASAは新型宇宙船オリオンの無人試験機を打ち上げた。将来の火星探検に使う。イスラエルのネタニヤフ首相が議会解散を要求。3月にも総選挙が行われる見通しになった。中東和平交渉は一段と進まなくなる可能性が大きい。EUの大統領(首脳会議常設議長)に前ポーランド首相のトゥスケ氏が1日就任。先に就任したユンケル欧州委員会新委員長と合わせ、EUの新体制が発足した。

◎今週の注目(2014.12.8-14)&当面の注目
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・市場で米株高、ドル高、原油安などが進んでいる。動きに注目。
・香港当局が民主派拠点の強制排除を本格化する構え。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 incd-club は国際問題に関係する内外のジャーナリストやビジネスマンらのグループです。「国際ニュース・カウントダウン」は、世界のニュースから週刊単位でベスト5を選び、解説したもの。日本のメディアの報道とは異なる視点から、面白くかつ分かりやすく地球を鳥瞰しています。
 ブログは毎週発行のメールマガジンを元に作成しています。

 ------------------------------------------------
 メールマガジンの登録変更・解除は次のアドレスから。(『まぐまぐ』を利用)。
 http://www.mag2.com/m/0000056121.htm
 ------------------------------------------------

 Copyright(c) 2000-2014 INCD-club

« ◇世界の関心と国際世論48号(2014.11.24-30) | トップページ | ◇世界の関心と国際世論49号(2014.12.1-7) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年49号(12.1-7 通算752号)  国際ニュース・カウントダウン:

« ◇世界の関心と国際世論48号(2014.11.24-30) | トップページ | ◇世界の関心と国際世論49号(2014.12.1-7) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ウェブページ