« ◆アジア太平洋首脳外交のキーワード 2014.11.16 | トップページ | 2014年47号(11.17-24 通算750号)  国際ニュース by INCD-club »

2014年11月16日 (日)

◇世界の関心と国際世論46号(2014.11.10-16)

・最大の関心はAPEC首脳会議を始めとする首脳外交。

・英Economistは16ページの特集を掲載。アジア太平洋が「今世紀の世界の行方を左右する」としたうえで、米中のパワーバランスの変化などを論じている。この地域が経済成長を実現しているだけでなく、軍備も拡大していると指摘(世界全体に占める武器の輸入は2004-08に比べ2013年は7ポイント上昇)。この地域は繁栄しているとともに複雑であり、米国や中国が内海にすることはできない、という視点も提供している。

・日中首脳会談にも関心が注がれた。関係修復の第1歩という位置づけ、修復には時間がかかるという分析は、多くのメディアに共通する。FTが”As Xi and Abe meet, a chilly lingers”、AWSJが”Chilly handshake"という表現を使うなど、chilly(冷え冷えとした)がキーワードだ。

・米中の温暖化ガス合意については、方向については歓迎するものの、中身が伴ったものではないとの見方が多い。

2014.11.16

« ◆アジア太平洋首脳外交のキーワード 2014.11.16 | トップページ | 2014年47号(11.17-24 通算750号)  国際ニュース by INCD-club »

世界の関心と国際世論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◇世界の関心と国際世論46号(2014.11.10-16):

« ◆アジア太平洋首脳外交のキーワード 2014.11.16 | トップページ | 2014年47号(11.17-24 通算750号)  国際ニュース by INCD-club »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

ウェブページ