« 2014年45号(11.3-9 通算748号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | ◆米中間選挙と世界 2014.11.9 »

2014年11月10日 (月)

◇世界の関心と国際世論45号(2014.11.3-9)2014.11.9

・世界の関心は米中間選挙。結果は想定の範囲内だったため、驚きは少ない。ほぼ共通する分析は、オバマ大統領の政権運営がますます厳しくなるというもの。

・英Financial Times紙社説(ネット5日発信)”Obama faces a big test of his relevancy”(オバマ大統領が真価を問われる)”The Republicans’ midterm sweep has left the White House isolated”(ホワイトハウスは一層孤立)というのは、欧米主要メディアにほぼ共通する見方だ。

・ただ、過去6年の経緯から見て、大統領に過度の期待をする向きは少ない。仏ルモンド社説など、冷めた感じのする評価も少なくない。

・日中首脳会談実現には、多くの欧米メディアが関心を示した。英FTは”China and Japan to resume security talks”という題で初報を伝えたが、日中関係が地域の安全保障問題であるという、当たり前の問題意識を反映した見出しだ。

2014.11.9

« 2014年45号(11.3-9 通算748号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | ◆米中間選挙と世界 2014.11.9 »

世界の関心と国際世論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◇世界の関心と国際世論45号(2014.11.3-9)2014.11.9:

« 2014年45号(11.3-9 通算748号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | ◆米中間選挙と世界 2014.11.9 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

ウェブページ