« ◆2014年前半の世界:「危うさ」が表面化 2014.7.20 | トップページ | 2014年30号(7.20-27 通算733号) 国際ニュース・カウントダウン »

2014年7月21日 (月)

◇世界の関心と国際世論 2014年29号(7.14-20)

・ウクライナにおけるマレーシア航空機撃墜事件に当然ながら関心が集中した。世界の主要メディアの第1報は当然ながら、事実の的確な報道。しかし、事実報道の中でも、親ロ派によるミサイル発射に原因があるとの見方や、ロシアの責任をにじませる工夫が目立った。NYTは
"U.S. Sees Russian Links in Jet’s Downing" "Obama Points to Role of Kremlin in Arming Rebels"という記事を掲載している。

・事件により、プーチン・ロシア大統領い追い込まれたという分析も目立つ。英FTは18日付社説で、"Putin is facing his moment of truth"
”Tragedy of MH17 shows he is losing control in Ukraine"とかなり直接的な表現で状況を分析。スウェーデンのカール・ビルト外相は、FTへの投稿記事で、"Putin’s credibility in ruins"と指摘する。 英BBCは、"Pressure grows on Russia over crash inquiry"(20日)と、ロシアへの圧力・批判の高まりを指摘する。

・問題の収拾のためにはプーチン・ロシア大統領の決断が欠かせないという指摘も目立つ。NYTは事件直前の18日の社説で、"Vladimir Putin Can Stop This War"と掲載していた。FTの社説やビルト外相の投稿も、ロシアの責任を求めている。

・事件を巡り、読者の投稿も多い。Economistの投稿ページには1日で数百の投稿が集まり、数十―数百単位で推薦ボタンが押されている。内容は様々だが、単に感情的なだけの質の低い投稿は限定的だ(運用基準は分からない。基準に達していない投稿は排除しているか?)。各メディアからFacebookやTwitterなどのSocial Mediaにリンクされる件数は数知れず、今回の時間は様々なレベルの国際言論空間で語られている。それが世界世論形成にどう影響するか、興味深い。

・一連の紛争を巡り、親ロ派は報道には比較的マトモに対応し、取材拒否がとりわけ目立つ訳ではない。事件後も、指導者が記者会見を開き、OCSE調査団が入る現場も写真撮影フリーだ(これにより、調査拒否の事実も伝えられる)。もちろん規制もあるが、これはウクライナ政府も同様。そうした点では、報道陣のアクセスもままならぬアルカイダなどとは全く異なる。

・今週のもう一つの事件であるイスラエルのガザ侵攻も、1面への写真付きで大々的に報じているメディアが多い。めでぃにより立場は様々だが、あえて言えば欧州のメディアはイスラエルの批判的。過去の危機でもそうだが、人権的な立場からの批判が多い。

・BRICS首脳会議がBRICS開発銀行の設立を決めた。途上国のインフラ開発などに融資する目的だ。現在世銀やアジア開銀、米州開銀などが行っている業務ともバッティングしかねない内容となる。BRICS首脳会共同声明で、世銀・IMFを中心とした現在の国際機構が世界経済の現状を反映していないと批判。新機構設立の意義を強調した。第2次世界大戦後の国際金融秩序を形成してきた世銀・IMF体制への挑戦ともいえる。それだけに、欧米メディアも関心は高い。FTは1頁を割いて様々な角度から分析記事を掲載した。

・IT革命で世界は変わっている。このテーマに対する関心は高く、扱いも大きい。英FTは、グーグルとノバルティスが組んで健康管理を可能にするコンタクトレンズの開発を進める話を(一般記事でなく)社説で取り上げ、高齢化社会の医療に様々な新技術を取り入れる必要があると指摘。またマイクロソフトのリストラ(主に旧ノキア部門)も1面で取り上げ、フィンランド社会の怒りなどを報じた。時には過剰反応もあるが、世界の変化の最先端をとらえていることは、改めて指摘するまでもない。

« ◆2014年前半の世界:「危うさ」が表面化 2014.7.20 | トップページ | 2014年30号(7.20-27 通算733号) 国際ニュース・カウントダウン »

世界の関心と国際世論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◇世界の関心と国際世論 2014年29号(7.14-20):

« ◆2014年前半の世界:「危うさ」が表面化 2014.7.20 | トップページ | 2014年30号(7.20-27 通算733号) 国際ニュース・カウントダウン »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

ウェブページ