« 2012年16号(4.9-16 通算616号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | 2012年17号(2012.4.16-22 通算617号)  国際ニュース・カウントダウン »

2012年4月15日 (日)

◆北朝鮮の権力継承とミサイル発射 2012.4.15

 北朝鮮で故金日成主席の生誕100周年を機に、金正恩氏への権力移行を進める出来事が相次いだ。正恩氏は軍、党、国家の3権を掌握。しかし国際社会の批判をよそに強行したミサイル(北朝鮮は人工衛星と主張)発射は失敗に終わった。一連の動きを整理する。

▼1週間の出来事

 昨年末の金正日総書記の死亡の後の北朝鮮の動きをまとめてみると、以下の通りだ。

・12.17 金正日総書記死亡
・12.19 死亡を発表。金正恩氏後継を表明(卓越した指導者)
・12.28 金正日総書記の国葬
・12.30 金正恩氏が軍の最高司令官に。
・2.29 米朝合意発表。ウラン濃縮の停止、ミサイル発射見合わせ、食料支援など。
・3.16 北朝鮮が人工衛星打ち上げ予告(4.12-16日に)

・4.8  東倉里の発射場でミサイル(ロケット)を一部メディアに公開
・4.10 ミサイルの発射準備完了を公表
・4.11 朝鮮労働党が金正恩氏を第1書記に選任。
・4.12 正恩氏の党中央軍事委員会委員長就任発表。
・4.13 ミサイル(人工衛星)打ち上げ。直後に爆発し失敗。失敗を発表。
    平壌で故金日成国家主席、金正日総書記の銅像除幕式。
    最高人民会議、正恩氏を国防委員会第1委員長(統治機構トップ)に選任。 
    米、食料支援中止を確認。国連安保理は緊急会合。
・4.14 平壌の金日成広場で数万人集会。
・4.15 故金日成主席の生誕100周年。軍事パレード開催。
    正恩氏初の演説で先軍政治強調。

▼体制移行と生誕100周年

 北朝鮮の真意は、いつものことながら不透明だ。しかし、今回の一連の動きを読み解く上で忘れてはならないキーワードは「金正恩氏への権力の継承」と「体制の維持」だ。

 世界のメディアの多くは、故金日成主席御生誕100周年を正恩氏の権威付けに利用し、権力継承をスムーズに進めようとしたと解説する。北朝鮮自身が認めているわけではないが、この見方が最も素直だろう。

▼瀬戸際外交と先軍政治

 もう一つ押さえておくべきは、核の保有を武器に国際社会から譲歩を引き出そうとする「瀬戸際外交」が続くという見通しだ。ミサイル失敗を受けて、核実験再開に踏み切るという観測が消えないのもこのためだ。

 正恩氏は15日の初の公前での演説で、軍を優先する姿勢を表明した。一方、経済改善の必要性も指摘した。背後にはもちろん、地方の国民などが飢餓に直面する深刻な経済状況がある。この辺の事情は金正日氏の時代と変わらない。

▼変化の兆し?

 世界のメディアなどが変化の兆しとして注目したのは、ミサイル発射を海外メディアに公開し、発射失敗後もすぐに発表したこと。従来の同国では考えにくい対応だった。正恩氏の指示なしにはこうした変化は考えられない、との見方が強い。

 ただ、この変化が何を意味し今後どう影響するかは、まだ見えてこない。

▼世界の報道

 日本での一連の報道は物凄く、さしずめ北朝鮮のオンパレードだった。事実関係の報道や分析はもちろん、一般市民の反応や落下物回避の訓練模様、政府の責任などそれこそ「あれもこれも」取り上げ、長時間(広いスペース)を費やした。また、北朝鮮の特異性をことさら強調する報道も多かった。

 欧米のメディアはもう少し冷静。1面トップ(あるいはニュース番組のトップ番組)で取り上げるメディアは必ずしも多数は出なかったし、同時期に起きたシリア情勢、中国の薄熙来氏の政治局員解任、ミャンマー情勢(英首相の訪問と制裁緩和)なども大きく扱っていた。

 欧米メディアの関心は、集約すると「ミサイル発射失敗で金正恩の指導力が試される」というもの。NYタイムズは"Rocket Failure May Be Test of North Korean Leader’s Power"(電子版14日)、WAJは」"Failed Rocket Spurs Questions"(14日) と見出しを掲げている。

2012.4.15

« 2012年16号(4.9-16 通算616号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | 2012年17号(2012.4.16-22 通算617号)  国際ニュース・カウントダウン »

アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆北朝鮮の権力継承とミサイル発射 2012.4.15:

« 2012年16号(4.9-16 通算616号) 国際ニュース・カウントダウン | トップページ | 2012年17号(2012.4.16-22 通算617号)  国際ニュース・カウントダウン »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ